まはな催し&お知らせ

”農家民宿まはな”では、年間通してなにか??・・しています。

この11月7日 立冬 まはなのHPを一部変更いたします。

せっちゃんの脳梗塞発症を受け、その上で、できることをやろう!!・・か、

               だから、できることをやりたい!!!と思いました。

今月末か、来月初めにはリハビリテーション病院に入院して、再起をかけます。

きみこも、二人にとって無理のない”まはな運営”を考えています。


このような まはなですが、今後ともよろしくお願いいたします。

                       2022.10.17(月)

秋です!七草の一つ萩の花がそこここに咲きだしたまはな周囲です。

ついでに、おおばこも種を実らせようとしています。これは、まはなの庭です。

せっちゃんが脳梗塞を発症し、6日間の入院。退院を強行し、10日ほどしてから「まん丸まん月まはなのま」・・通称”まん月通信”を発行しなければならないことに気づき、せっちゃんにいつものように絵を描いてもらいました。

初めは、とってつけたような絵でしたが、2回目に描いてくれた絵はきみこは大いに気に入り、余白が多いその絵は、送らせていただいた方々からいつになく反響がありました。

下に、前回9月のものと今回の10月のものを並べましたのでみくらべてみてくださいませ。

↓が先月9月の絵。

↓が、この10日のために退院後に描いたものです。せっちゃんを古くから知る方が数名

    「せっちゃんが病気になってからの絵を見てみたい」

と言われていましたが、この結果を見てその意味が遅まきながらわかったきみこです。

こんなに画風って変わるものなんだ~~・・・と病気になってからの絵を比較して見たいと言われたことを納得させられました。

きみこもこの絵に、不思議な感動を得ましたから・・・。

 こりゃぁ~、次のまん月が楽しみだぁ~

   ・・・と思いましたが、もしかしたらせっちゃんは、次はリハビリ専門の病院に入院しているかもしれません。それでも、描いてもらいに行けばいいのかな??

  ま、わかりませんが、せっちゃんの絵がかわりました  とさ。

3回にわたって開催しました”二人でつくった絵本展”が10月3日に無事?に終えられました。”?”を付けたのには訳があります。

前から足のしびれがあったせっちゃんでしたが、8月頃には違う変化も出てきたので漢方のドクターに相談。きちんと調べておいた方がいいね・・・とのことで、検査を受けました。

そうしたら脳梗塞が見つかり、足もウラフラ状態だったのでそのまま入院となりました。コロナ騒動最中のため食事を運ぶことさえできず、腑に落ちない社会現象に頭の中はクエスチョンマークだらけ・・・でした。

でも、週末をはさんでいたので職員少なく、6日間寝たきり状態。ご飯さえ自分で食べられず、全介助。だいたい予想されたので、ドクターに強引にお願いして強行退院してきたのが、3回目の展示会前4日。

ですから、3回目は車椅子です。途中休むことができるようにと、サマーベッドも持参しての展示会です。

応援に駆けつけてくださったピアニストとソプラノの友人にも力をいただき、変則な展示会が終わりました。

コロナ騒動中だから・・・というだけでもなく、もうこのようなプレッシャーのかかる催しはできないなぁ~・・と改めて認識したところです。また、「農家民宿まはな」の活動も縮小縮小していかねばならないでしょう。

まだまだ頑張っておられる方はお見えになりますが、自分たちにできることは、限界かもしれません。弱気なことで申し訳ございません。

これまで、ずい分多くの方々に助けられ、支えられ、力を惜しみなくかしてくださった方々には、心の底から感謝しかありません。ありがとうございました。

ただ、ランチやディナーなどの食事はやらせていただきます。また、料理講習も続けていこうと考えておりますので、どうぞ、お申込みいただければ・・・と思います。

2022年、志摩の市後(いちご)の浜です。

富士山です!!!こりゃぁ~春から縁起がいいわい~!

                     2022.1.1(土)