ワークショップ

平成の竹取りの翁:せっちゃんでしたが、辛うじて令和になっても翁をやらせていただいたいます。50代の時は攻めのワークショップでしたが、60代になって安定しだし、70の齢は工夫のワークショップです。

せっちゃんが作った干し物をする足の下では、前の猫がのたりのたりと暇つぶしに来ます。

まはなの前のくろがねもちの木が、ツリーハウスになり、ツリーブランコになり、楽しませてくれます。上からは、リアス式海岸の向こうの半島が見えますよ~!

このせっちゃんの作業には、きみこもあっぱれ!あっぱれ!脱帽です。

こんな風に、下で食事会やだんらん?もやります。(依りあいマクロビオティックでの食事)

ゆ~~らゆら、ゆ~らり・・志摩の風を感じてくださ~い!

おっ!!せっちゃんも仕事するじゃぁないかぁ・・

畑、採り入れもしてくださ~いね!

講演会もします。ワークショップもします。せめて一年に1回は、まはなでやりたいなぁ~と思っています。

ある時フト、スプーンを作ってみよう!と思ったせっちゃん。たき火の火で、削ったスプーンの先を器用に曲げます。

いつもワークショップに来られた方は、途中で「せっちゃ~ん、ここちょっとけずってぇ~」っとやってきます。「よし!わかった」とせっちゃん。

でも、ず~っとせっちゃんが削ってる・・・・あ~~・・・あぁあできてしもたがな・・・っとなることが多いです。

  ・・・でも、いいのです。大丈夫、あなたが作ったのです。

こんな竹の花器を毎年作らせていただいています。これを上手に使いこなしてくださる花屋さんがあって、ありがたいかぎり! 

せっちゃんの一つの励みになっていますね。身体が動く限りやってほしいですね。

太平洋の潮を汲んできて、塩を焚きます。根気のいる作業ですが、みんなでやると楽しい塩焚きです。

こ・・・・これもワークショップか否か??わかりかねますが、なんで?こんなところにバ・ケ・ツ?・・・わけわからん・・・・??????