マクロビオティック講座

Step Upコース

真剣にそして楽しく講義

「お勝手口」を始めて3年。当初より、『石の上にも3年』を胸に置き、やり始めたことは何でも3年しないとわからないもの、石にかじりついても3年は続ける!と、心に決めてふみだしました。
2年はなんとか、細々とでもやれたのですが、三重の伊勢志摩の田舎であり、マクロビオティックスの知名度は限りなくゼロに近い状態。若いママさんたちに助けられ、ボツボツ人は集まりはしたものの、私の力及ばず、もうダメか・・と思っていました。

スイーツも学びます

 

そうしたら、「単発じゃなく、継続して根本的なことから学びたい」と言う声をいただきました。私のほうこそ、本当はそうしたかったこともあり、二つ返事で承諾。3年目に入ったころ1人の方からマンツーマンでスタートしました。お勝手口の転換期でした。

今は、来て受講してくださる方より私のほうが勉強させていただいてます。 私もこれまで、何度も久司先生のセミナーや個人相談を受けたりしてきました。また、自分も奈良で勉強してきた事を活かしながら、マクロビオティックスの哲学をなんとか伝えるべく日々研究しております。

伊勢志摩ならではのマクロビオティックス

庭先にも食材が

マクロビオティック人口が少ないというマイナス面をプラスにかえて、こんな田舎でしかできないマクロビオティックスを展開しようと考えております。 例えば、マンツーマンもその一つ。

皿のここに緑がほしいと思えば、庭先に走ればいくらでも葉っぱがあります。朝どれ野菜で(採取からまな板まで1時間以内)エネルギーを100%いただける。米は、義兄が磯部の田んぼを引き継いで作ってくれている。私も農繁期には、タオルを首にまいて繰り出します。また、試食のとき、天気がいいと、せっちゃんが3人掛けのテーブルを急きょつくってくれて、木漏れ日をあびながら食事・・・。

そんなstep upのカリキュラムは、次のとうりです。

Step up カリキュラム

Step1~4まであり、各々3回×2セット
(1-1-1から3まで、1-2-1から3まで、という風に)
※1セットだけでも受講できます。

Step1-1の3回は基礎的メニュー
  Step1-2から療養スープが入ります。
 4品作ります。

Step2に入ると、スイーツが加わり5品作ります。

詳細はお気軽にお電話でお尋ねください。

【料金】
Step1 ⇒ 9,000円/3回
Step2 ⇒ 10,000円/3回
Step3 ⇒ 11,000円/3回
Step4 ⇒ 12,000円/3回

Step 1 カリキュラム例

※スタートする時期、季節でメニューは変わります

STEP UP Ⅰ-1-1 6月
玄麦入り玄米ご飯、ごま塩 9:1、きんぴらごぼう、重ね煮の味噌汁
講義 コースメニューの話、マクロビオティックの効用と目標、陰陽表について

STEP UP Ⅰ-1-2 11月
おめでとう(小豆がゆ)、根菜のうま煮、そばの実スープ、紅玉のやきりんご
講義 「one peaceful world 宣言」について、マクロビオティックの標準食、陰陽の例

STEP UP Ⅰ-1-3 12月
玄米もち、高野手箱、白菜と人参のホワイトソース煮、ごぼうのしぐれ煮
講義 1クール終了時の話

STEP UP Ⅰ-2-1 1月
玄米ピラフ、れんこん野菜ボール、糸寒天の酢のもの、りんごきんとん
講義 陰陽五行説、料理の基本

STEP UP Ⅰ-2-2 2月
粒そば入り玄米ご飯(低圧で)、けんちん汁、舞茸のカキモドキ、玄米プディング
講義 陰陽五行説、マクロビオティックの食事法

STEP UP Ⅰ-2-3 3月
わかめご飯、キャベツのミルフィーユ、切り干し大根スープ(療養)、よもぎかりんとう
講義 STEP UP Ⅰのおさらい、治療にあたる取り組み方法、環境と気候による調整

マクロビオティック塾

きみこのブログ

RSS表示パーツ
ページのトップへ戻る